Wリーグ 2021-22 第3週 富士通×シャンソン化粧品

2試合とも最終盤までクロスゲームが繰り広げられたが、経験の違いが結果として現れた格好に。

シャンソン化粧品は宮澤選手の3ptシュートを徹底的に封じるディフェンスでリズムを作り、若さあふれるスピーディーなオフェンスで主導権を握った。前週のデンソー戦ではらしさを見せられず連敗していたが、立て直してきた。

しかしgame1では勝負所でのFTで野口選手が2本とも外したのに対して、オコエ選手は2本とも決めた。とどめを刺すように内野選手が試合終了のブザーとともに3ptシュート。game2は富士通がさらに厳しい展開となり、オコエ選手は集中力を切らす悪癖を出してしまったが、町田選手、篠崎選手が要所要所で仕事人ぶりを見せて、連勝した。

新規ファンも多く観戦に訪れたであろうこのカード、女子バスケの魅力は伝わったと思うが、両チームの熱心なファンとしてはストレスが溜まったかもしれない。富士通は勝った〜と素直に喜び切れない内容、シャンソンは勝てそうで勝てなかった2試合だったのではないか。

 

富士通は町田選手、篠崎選手の高負荷は気掛かり。3試合欠場していた赤木選手がgame2で今シーズン初出場しており、岡田選手含めガードのタイムシェアが出来るかが優勝する上でのカギとなるだろう。

シャンソン化粧品は開幕から4連敗となってしまったが、藤岡選手、大沼選手の元ENEOS勢が存在感を発揮している。藤岡選手は是非来年2月のW杯予選に出場してもらいたい。大沼選手の安定感あるプレーはHCとしては頼もしいことこの上ないだろう。彼女たちが勝者のメンタリティを若手選手に注入していけば名門復活も可能だ。ちなみに次週は彼女たちの古巣ENEOS戦!

 

最後に3週を終えてのリーグ全体に対する感想を。

チーム間の実力差は依然大きい。接戦は少なく、ここまで連戦で星を分け合ったカードは1つもない。縮まっているようで縮まっていないのが現状だ。五輪銀メダルにより生まれた女子バスケ熱が冷めていってしまわないか心配になったりもするが、それでもWリーグは面白い!

どこのチームも全員で全力で最後の最後までリバウンドを取りに行き、ルーズボールに食らいつくからだ。バスケは得点を取ることだけでなく、リバウンドやルーズボールなどでの身体のぶつかり合いも魅力の1つ。ラクビーやアメリカンフットボールなどもそういうスポーツだが、女性の競技人口が多いスポーツでぶつかり合いの魅力が感じられるのはバスケが一番だと思っている。

インサイドプレーヤーがボックスアウトして、ガードがリバウンドを取り、一撃必殺の速攻。インサイドプレーヤー同士の肉弾戦の間隙を突いてフォワードがオフェンスリバウンドを取り、2次攻撃。こういったシーンはBリーグより格段に多いと思う(たぶんw)

国際舞台とは違い、髙田選手や宮澤選手がインサイドでの争いで優位に立て、セカンドチャンスからバスケットカウントまで獲得することもある。五輪やアジアカップと比べると物足りなく映ることはあるかもしれない。ファイトオーバーしすぎたり、オーバーヘルプになり、ノーマークを作ってしまい、あっさり決められることもある。頑張りすぎるところは日本女子バスケのウィークポイントではあると思うが、普段から皆が40分球際で戦う。選ばれし勇者たちが代表合宿で切磋琢磨する。そうした日々の積み重ねが日本代表の強さの秘けつだと思う。

 

競技面も興行面も将来的に心配になることは多々あるが、試合単体を見ると魅力ばかり。今シーズンも(時に文句は言うけどw)存分に楽しみたい!